錆びにくい、キズに強い特殊ネジ・ボルト・ナット

content_page_subtitle_002


薄い膜の中に多層のコーティングを織り交ぜて仕上げた当社のめっき技術は、日本の技術の粋を集めた芸術品であり、例えていえば画像の様なケーキです!秘密のレシピで構成されている部分もあり、苺やクリームといった、ケーキには必要不可欠な王道部分も織り交ぜ、独自の味を創りだします。観た眼の美しさは勿論、食べれば解る深みのある美味しさ(高品質)をとことん追求した商品―それがLonGoodです。
content_standard_img_001 content_standard_img_002

機能/性能 確認結果
■耐食性能(SSTによる、既存品との位置付け)
試験品:M8x30 六角ボルト/ナット
備考 :鋼素地SWCH10R、各仕様 新品にて実施
試験室温度 35±2℃
噴霧液 5%sol 塩化ナトリウム溶液
噴霧量 1.5±0.5ml/Hr
content_standard_taisyoku_img

鉄素材に表面処理したもの比較
LonGood その他の表面処理
Fuji Shine Wide 3価白 ドブめっき ジオメット
膜厚基準 膜厚 15μ 5~8μ 35~49μ 10~15μ
何層 3層 3層 4層 2層 1層 1層
皮膜硬度 50~60 190~210 150~180 70~100 70~100 30~50
耐食基準

(SST)
白錆 200~300H 300~500H 72~96 100~120
赤錆 1000H 2000H 3000H 250~300H 300~500H 500~2000H
相当材 SUS410.430 SUS304 SUS316
施工性 嵌合性 ×
耐傷性 ×
かじりつき
トータルコストダウン
異種金属との結合 ×
耐熱性 耐熱温度℃ 200~210 240~250 100~150 200?
色合い 外観色 銀白色 ステン色 マッド色 銀白 シルバー シルバー、黒
仕様 一層 電気亜鉛めっき 亜鉛ニッケルめっき 亜鉛ニッケルめっき 電気亜鉛めっき 溶融亜鉛 亜鉛アルミ珪素
二層 3価クロメート 3価クロメート 3価クロメート 3価クロメート
三層 特許コート 特許コート 亜鉛アルミ被膜
四層 特許コ-ト
推奨場所 屋内仕様 屋外仕様 塩害地域
強み 最も安価な方法で、亜鉛めっきの5倍以上の耐食性を実現し施工をスムーズに。 鉄素材をステンレスの品質に変え大幅コストダウン。耐食性は、亜鉛鍍金の10倍! 業界初4層コートで、業界最高防錆仕様を実現。施工場所を選ばない。




SUSとの比較
LonGood Shine ステンレス
4・8材 10・9材 SUS410 SUS430 SUS304 SUS316
基本性質 比重 7.87 7.75 7.7 7.9 8.0
磁性 あり あり あり なし なし
融点℃ 1530(鍍金は250℃) 1480~1530 1430~1510 1400~1450 1371~1400
耐食レベル

(SST)
白錆 300~500H
赤錆 2000H 1000H以下 1000H以下 2000H 3000H
相当材 SUS304レベル C-1 A-2 A-4
熱伝導率(W/m・℃) 100℃ 58 24.9 26.4 16.3 16.3
熱膨張係数(10⁻⁶/℃) 11 9.9 10.4 17.3 16.0
比抵抗(Ω㎝)※低い程電気を通しやすい 9.71 57 60 72 74
引っ張り強さ N/mm2 400 1000 440 450 520 520
耐力(下降伏点) N/mm2 320 900 205 205 250 205
硬さ Hv 200 320~380 210以下 200以下 200以下 200以下
含有成分 炭素、マンガン他 炭素、クロム、モリブデン クロム13% クロム18% ニッケル、クロム ニッケル、クロム

モリブデン
※嵌合性(焼き付き) ×
表面処理仕様 一層 亜鉛ニッケルめっき パシペート処理
二層 3価クロメート
三層 特許コート
推奨場所 屋外仕様 マルテンサイト系 フェライト系 オーステナイト系 オーステナイト系
強み 鉄の素材でステンレスに匹敵

する耐食性で、コストは、

30%ダウン。

亜鉛鍍金の10倍の耐食性と施工

生産性向上で、トータルコスト半減に!




content_page_title_002_2
LonGoodシリーズは、お客様の安心、安全を守り、永くご愛顧頂く為に、傷に強い特殊なコートを施し、塩害地域など腐食環境に適した仕様となっております。ご利用にあたりましては、以下の点にご留意頂けますと、より効果的にご使用して頂けると考えておりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

1.LonGood Shineは、ステンレスと同系色の色合いになるため、区別がつきにくい場合がございます。ステンレス品と混入させてしまわないよう、ご注意ください。

2.めっきの特性上、通常の亜鉛めっき品と比べた場合、嵌合が、少し硬いと感じる場合がございます。(下地の鍍金層が硬い皮膜で覆われ、トップコートのトルク係数が0.35ある為)電動トルクドライバーやインパクトドライバー等 電動工具以外の手締めなどで締め付ける環境では、適さない場合がありますので、ご相談下さい。

3.傷に強い特殊なコートは、下地に亜鉛が残っている条件で、湿潤環境で亜鉛と反応し【傷部への拡散作用】が働きます。素地が完全に見える大きなめっき剥がれに対しては、拡散作用が有効に働かず、期待された効果が得られない場合もございます。作業上で深い傷がついてしまった場合、締め付け後に、Good Upスプレーを合わせてお使い頂くことを推奨します。